読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘れたくないあの日のこと

流行りに乗っかって、気が向いたときに備忘録としてメモに使っていた、まあ、所謂ほとんど使ってなかったブログを何年かぶりに起動させてみた。

ようやく冷静に見れるようになったあの日のことをわたしも書き記しておこうと思う。絶対に忘れたくないあの日のこと。所詮いちすばる担の戯言。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2016.1.17
関ジャニ∞の元気が出るLIVE、オーラス。
 
 
いつものように私は、ああ今年もツアーが終わってしまうなあ寂しいなあ最後をしっかり目に焼き付けなきゃなあ、という気持ちで座っていた。いつものオーラスと何も変わらない。ツアーファイナル独特の切なさを感じながら楽しみに胸を膨らませていた。
しかし時間になっても始まらない。
遅いな〜まだかな〜なんて話していると、ゾロゾロと黒い服を着た男たちがステージに。
オーラス!何かが始まるの!?というワクワクで腰を上げ双眼鏡を構えようとしたところで恐ろしい事に気付く、あれ、1人、いない……?
 
 
 
 
 
やっと雛ちゃんが話し出す、
「見ての通り大倉がいません」
そこから時が止まったように感じた。
最悪の事態が頭に浮かんでは消し浮かんでは消し。
その後雛ちゃんから大倉くんが急性の腸閉塞になったこと、今日のライブにはドクターストップがかかり出られないことが告げられた。チョウヘイソク…?ナニソレ…?頭に浮かんだ最悪の事態ではなかったという安堵はあったものの、頭が真っ白になった。オオクラクンガデラレナイ…?ビョウキ…?まわりはもう阿鼻叫喚お葬式のような雰囲気、泣き崩れる大倉担、言葉を失い立ち尽くす人たち。
 
6人だけどライブをやっても良いか?という6人の問いに、気持ちがついて行かないまま訳も分からず拍手をした。「大倉の分まで盛り上がろう」「45006人で大倉の穴を埋めよう」というりょうちゃんの言葉に、楽しむしかない、ととにかく言い聞かせ、大倉くんのいない6人だけのオーラスが始まった。
 
 
 
 
 
オープニング。当たり前のように最初の映像には笑ってる大倉くんがいる。あああ大倉くんこんなに元気やのにいいいって思うのも束の間、リアルタイムの舞台裏の映像に切り替わると当たり前に6人。現実。円陣に私たちも参加させてくれるという粋な計らいがあり、6人の気合いも伺えて、興奮した。した。したんだけど、登場したのは何度数えても6人。少ない。1人いないだけでこんなにも少なく感じるものかと。大倉くんがいない現実、頭でわかってても気持ちがついて行かなくてボーーッと見ていた。
 
 
 
キングオブ男の雛倉安の3人でのわちゃわちゃパートが、当たり前だけど雛安2人。ここでようやく、ああ本当に大倉くんは今日いないんだ、って理解できたと思う。そしてあまりにも寂しかった。寂しくて寂しくて堪らなかった。「愛するオクラのためだけ全てを敵にしても守る」「愛するオオクラのため並ならぬ涙の賜物」と歌詞を変えるすばりょに涙が流れそうになるのをグッと堪え、この6人の頑張りを見届けなきゃと思った。使命感を感じた。
 
 
 
センターステージに移動して前向きスクリーム。ここでふと大倉くんの衣装が見えて目を疑った。緑色の衣装、あれ、大倉くん!?と思いきやそれは大倉くんの衣装を着た横山さん。気付くの遅えよって思ったそこの貴方、すばるくんしか見てなくてごめんなさい。そして服の下に隠し持っていた大倉くんのうちわを出すやすくん。すば子のパンツは緑色。とにかくみんなが口々に歌詞を「大倉」に変え、大倉くんのうちわを持ち、大倉くんのうちわと一緒に大倉くんのパートを歌った。
寂しくて仕方なかったけど、ああなんて愛に溢れているのだろうと思った。大倉くん、あなたはこんなにも愛されているよ、と病床に臥す大倉くんを想った。
 
 
 
ムビステに乗ったバンド演奏、いつもと何も変わらない。もちろんドラムも緑のドリンクボトルもある、けれど、大倉くんだけが足りない。ぽっかり穴が空いたムビステ。さすがにこたえた。演奏に関しては浜崎さんが後ろでして下さってたから問題は無かったのだけど、いかんせん距離がありすぎる。かといって浜崎さんが大倉くんのポジションに入るのも違う。あれが最善だったに違いないけど、タイミングを合わせる為にみんながドラムのほうを向く、あの瞬間が大好きだから、真ん中の後ろに大倉くんがいないのはどうしようもなく寂しかった。
 
そして言ったじゃないかで「昨日まで元気やったやないか!」という横山さんに思わず「ほんまそれよ!」って普通に返してしまった。昨日すばるくんと元気にエロ本の話してたやないか!!!
 
 
というわたしの叫びも虚しく、ぽっかり穴の空いたムビステ上のバンドは進んで行く。でもLIFEでまるちゃんがイヤモニトラブルでベースが弾けなくなったり、ヘブンリの横山さんのトランペットが絶不調だったりと(大事なとこで音外しちゃってりょうちゃん笑ってた)、今思えば結構バタバタだったと思う。りょうちゃんも「なんかめっちゃミスしてるわあ」って言ってたし。泣き崩れるファン、異様な雰囲気、きっと6人だって不安に押し潰されそうだったんだろうなと思う。
 
 
 
キャンジャニはいつも倉子が爆発的に面白かったせいもあって倉子がいないことで結構厳しかったと思う。倉子の存在は大切よね、丸子。倉子の代わりにバッサリぶった切る役目は安子が。おかげで多重人格に。安子は憑依型なのだそう。
倉子がいないのでVTR後順番にハケていくとき三馬鹿がステージに残ることに。村子が「この3人久しぶりね」なんて言ったり、"村子ナメのすば子と横子"っていう超絶お宝ショットもあったり、なんてったってすばる担、不謹慎ながらも興奮した。倉子がいないからなんだっていう複雑さに襲われながら。
 
 
夏の恋人、まるちゃんのダンスのお相手だった大倉くんがいないので、まるちゃんが1人になっちゃうことに気付いた横山さんがサッとまるちゃんのダンスのお相手を。そして歌うパートが来たので横山さんが前に戻ると、次は雛ちゃんがサッと大倉くんの立ち位置に入ってまるちゃんのダンスのお相手をする、横雛の連携プレーにはグッとくるものがあった。
 
 
 
MCは主に宣伝以外は大倉くんの話しかしてなかったと思う。そして「壮大なコントやと思って下さい」「なにが元気が出るLIVEやねん!」「アルバムからえらいフリやな」って笑いに持って行こうとする松原.の精一杯の強がりを見た。「大倉は元気出しすぎてしまった」と横山さん。優しい。「どの歌も大倉に向けての歌に聞こえる」と雛ちゃん。わたしも全部が大倉くんに向けてのラブソングなんじゃないかと思って聴いてたよ。
 
 
 
 
渇いた花、最後なんだと嚙みしめる余裕もなく過ぎ去ってしまったけど、とてもとても良かった。オーラスが一番良かったと思う。
すばるくんとひなちゃんの優しいお顔と、「ありがとうひな」というすばるくんと優しい声と、ピアノ越しに手を組んだ2人をわたしは忘れない。
 
 
 
 
マイスト、今日は2人だねえ、って寂しくなってると影が3つ。は!?!?!?誰!?!?!?って思ったらすばるくん。なんてったってすばる担パート2。不謹慎にも喜んでしまった。
大倉くんの衣装を着たすばるくんは衣装ぶかぶかで、フリも歌詞も分からないすばるくんはフラフラと山田の指示にあっち行ったりこっち行ったり。とにかく可愛かった。
 
 
 
 
マイストで動き続けたすばるくんは、そのままキングでも雛ちゃんより目立つ程しゃかりきに動き続け、そのままWASABIも怖いくらいキレキレに踊っていた。もはやランナーズハイみたいな、そんな感じだったのかな。とにかく必死だった。そしてその後の韻踏ィニティで汗ダラダラになりながら歌うすばるくんがドエロだったことだけはよく覚えてる。
 
 
 
 
でもその後のことはあまりよく覚えていない。
大倉の穴をなんとか埋めなければという6人と、大倉くんに届くようとにかく楽しまなければというファンの、精一杯の強がりのぶつかり合いみたいな、そんな感じがした。凄まじいものがあった。あの会場にいた誰もが、とにかく"必死"だったと思う。
 
 
 
 
最後の挨拶、ずっと強がって笑いに持って行こうとしたり、怖いくらい必死に踊っていたすばるくんが「悲しい思いをした人もいると思うけど」と涙で声を震わせたとき、フッと強がりがほどけたあの涙に、6人も不安で仕方なかったんだろうなって気付かされた。ずっとどこかで楽しまなければと必死になっていたわたしも緊張の糸が切れたように涙が止まらなかった。きっと彼らには泣き崩れた大倉担も、複雑な顔で見ているファンも、全部全部見えていたんだろうなあ。
 
 
 
最後の元気が出るSONGは、大倉くんのうちわの周りにこじんまりと集まった6人が大倉くんのうちわに向かって歌う、大倉忠義に捧げるSONGに。大倉くんのパートはファンが歌うことになってたけど、低すぎてさすがに声出んかったわごめんやで。最後は、亮「おだいじに〜」す「お〜お〜く〜ら〜」で終わったどこまでも愛する大倉忠義に捧げるLIVEだった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これほど大倉くんに会いたい日は、これほど大倉くんの声が聞きたい日はかつて無かったかもしれない。帰りの電車で何度も泣きそうになったし、家に着いてテレビに映る関ジャムの元気な大倉くんに普通に泣いた。それぐらい大倉くんに会いたかった。大倉くんの声が聞きたかった。す担ですらこんな感じなのだから、大倉担には計り知れないものがあったんじゃないかと思う。
 
 
 
 
でも病床に臥す大倉くんを思いながら、ねえ大倉くん届いてる?なんて子供じみたことを思わずにはいられない、6人の大倉くんへの愛に溢れた素敵なLIVEだったと私は思う。
寂しくて寂しくて堪らなかったし、もうこんな事があってはならない、てか無いと思うけど、あの日この目で6人による愛に溢れた凄まじいオーラスを見届けられたことはとても良かったんじゃないかなとは思ってる。
 
 
 
 
 
 
 
昨日大倉くんと高橋くんのラジオを聞いて、元気な大倉くんの笑い声が聴けて、凄く安心した。やっと色々気持ちが追い付いた気がしてる。
 
 
 
あの日6人は「大倉がいない状態ではライブは出来ない」と言い切ったそう。大倉くんがいない穴の大きさは他でもなく6人が一番分かってるよな、そりゃそうだよな。
 
 
 
それでも会場に集まった45,000人のために沢山の不安を抱えながらもライブをしてくれた6人、ありがとう。
 
 
 
 
 
 
そしておおくらくん、
おかえりなさい。